報道発表

ブリンケン米国国務副長官による岸田外務大臣表敬

平成28年4月18日

  • 米国国務副長官による岸田外務大臣表敬1
  • 米国国務副長官による岸田外務大臣表敬2
  1.  本18日,午前10時40分から約35分間,岸田文雄外務大臣は,トニー・ブリンケン米国国務副長官(Mr. Tony Blinken, Deputy Secretary of State of the United States)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田大臣から,熊本県熊本地方を震源とする地震に対し,米国政府から,温かいお見舞の言葉に加え,米軍による迅速な支援の申し出があったことに対して感謝の意が表明され,ブリンケン副長官から,お見舞いの言葉と共に,こうした危機の時こそ友人が友人として手助けするべきであり,米国の支援が悲劇に立ち向かう一助となることを期待する旨述べました。

    2 岸田大臣より,G7広島外相会合の成功に関して,米国に対する感謝の意を示すとともに,ケリー長官の広島におけるメッセージや行動は,広島市民に大きな感動をもたらした旨述べました。ブリンケン副長官より,G7広島外相会合が成功裏に開催されたことに対して祝意が述べられるとともに,日本,とりわけ岸田大臣個人のリーダーシップに感謝する旨述べました。

    3 また,両者は,4月19日にソウルで開催される日米韓次官協議において,日米韓3か国の安保・防衛協力を更に強化すべく,有意義な議論が行われることを期待する点で一致するとともに,5月のG7伊勢志摩サミットに向けて,引き続き日米で緊密に連携していくことで一致しました。

    4 両者は,この他,日米二国間関係や地域情勢について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る