報道発表
カウダー・ドイツ連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟会派院内総務による岸田外務大臣表敬

平成28年3月22日

英語版 (English)

  • ドイツ連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟会派院内総務による岸田外務大臣表敬1
  • ドイツ連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟会派院内総務による岸田外務大臣表敬2
  1.  本22日午後4時05分から約25分,岸田文雄外務大臣は,フォルカー・カウダー・ドイツ連邦議会キリスト教民主同盟・社会同盟(CDU/CSU)会派院内総務(Mr. Volker Kauder, Chairman of the CDU/CSU Parliamentary Group in the Bundestag)他による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田大臣から,6度目となるカウダー院内総務の訪日を歓迎するとともに,平成27年秋の外国人叙勲における旭日重光章受章(PDF)別ウィンドウで開くについて祝意を伝えました。これに対し,カウダー院内総務からは,再会への謝意が述べられました。

    2 両者は,日独が,前年本年のサミット議長国として引き続き緊密に連携していくことの重要性につき確認しました。

    3 岸田大臣から,難民問題の解決に向けたドイツの取組に敬意と連帯を表明した上で,シリア及び周辺国の難民及び国内避難民等に対する我が国の支援につき説明しました。これに対し,カウダー院内総務は,日本の支援に対して謝意を述べるとともに,両者は,難民問題の根本原因の解決が重要であることを確認しました。

    4 両者は,ウクライナをはじめとした地域情勢についても意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る