報道発表
米国人元戦争捕虜一行による岸田外務大臣表敬

平成27年12月9日

英語版 (English)

  • 米国人元戦争捕虜一行による岸田外務大臣表敬1
  • 米国人元戦争捕虜一行による岸田外務大臣表敬2
  1.  本9日午前9時30分から約20分間,外務省の招へいで訪日中の米国人元戦争捕虜5名及び介護人5名が,岸田文雄外務大臣を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣から,一行の訪日を歓迎する旨述べるとともに,今回の訪日を通じ,日本に対する更なる「心の和解」を促進させることができれば嬉しい旨述べました。

    2 これを受け,一行を代表して,チャールズ・ブラウン氏(Mr. Charles Brown)から,2010年に開始されたこの招へい事業は,国際理解,日米相互の和解の促進に前向きな成果をあげてきている,日本は太平洋における米国の最も重要な同盟国であり,今後,日米同盟が更に強固なものとなることを期待する,今回の招へいに感謝申し上げる旨述べました。

    3 さらに,岸田大臣より,アジア太平洋地域の平和と安定の礎である日米同盟を今後も幅広い分野で強化していきたい等述べ,友好的な雰囲気の下で表敬が行われました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る