報道発表
小型武器決議案及び武器貿易条約決議案の国連総会第一委員会での採択

平成27年11月9日

  1. 1 11月7日(現地時間6日),10月20日に我が国,コロンビア,南アフリカが主導し,国連総会第一委員会に提出された小型武器決議案がコンセンサスにより採択されました。

    2 この決議案は,第2回国連小型武器行動計画履行検討会議の成果文書に対する支持を想起し,国連小型武器行動計画の実施を強化するために,各国に対し実効的な国際協力・支援等を要請するものであり,同計画の更なる実施のために国際社会の気運を高める意義があります。

    3 また,同日,10月20日に,メキシコ,ナイジェリア及び我が国を含む34か国が第一委員会に提出した武器貿易条約決議案が賛成150という圧倒的多数にて採択されました(反対0,棄権26)。この決議案は,8月にメキシコにて開催された第1回締約国会議での決定を歓迎するとともに,各国に対して早期の条約締結を呼びかけるものです。

    4 両決議案は,12月初旬の国連総会本会議において票決にかけられる予定です。

    (参考1)国連小型武器行動計画
     2001年に開催された国連小型武器会議において,あらゆる小型武器の非合法取引の防止,除去及び撲滅を目的とする国連小型武器行動計画が採択された。

    (参考2)武器貿易条約(ATT)
       武器貿易条約は,通常兵器の国際貿易を規制するための国際的な基準を確立し,不正な取引を防止することを目的としており,2013年4月に国連総会で賛成多数により採択され,2014年12月に発効した。我が国は2013年6月3日の署名開放日に署名し,2014年5月9日に締結した。11月5日現在,締約国78か国,署名国130か国。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る