報道発表

外交記録公開推進委員会第14回会合

平成27年10月15日

  • 外交記録公開推進委員会第14回会合
  1. 1 本15日,外交記録公開推進委員会の第14回会合が,山田美樹外務大臣政務官を委員長として開催されました。

    2 今回の会合では,作成から30年以上経過した「中曽根総理米国訪問」,「レーガン米国大統領夫妻訪日」等に関する外交記録文書ファイルの公開につき審査が行われました。

    3 今後,今回の会合結果をとりまとめ,岸田文雄外務大臣の了承を得た上で,公開に必要な準備が整い次第,外交史料館において外交記録文書ファイルを公開する予定です。

    (参考)
     2011年4月1日の公文書管理法の施行を受け,外交史料館に移管される外交文書は,原則として,移管後,準備が整い次第利用請求が可能となっている。新たに利用請求が可能となった外交文書に関する情報は,外交史料館ホームページで随時公表していく予定。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る