報道発表
岸田外務大臣によるチョン・ベトナム共産党書記長表敬

平成27年9月15日

  • 岸田外務大臣によるチョン・ベトナム共産党書記長表敬1
  • 岸田外務大臣によるチョン・ベトナム共産党書記長表敬2
  1. 1 本15日午後4時30分頃から約25分間,岸田文雄外務大臣は,9月15日から18日の日程で公賓として訪日中のグエン・フー・チョン・ベトナム共産党中央執行委員会書記長(H.E.Dr. Nguyen Phu Trong, General Secretary of the Communist Party of Viet Nam)を,同書記長が滞在中の迎賓館において表敬訪問しました。

    2 冒頭,岸田大臣は,ベトナムの最高指導者であるチョン書記長の訪日を大変嬉しく思っている,同書記長の今次訪日を通じ,日・ベトナム間の「広範な戦略的パートナーシップ」関係が一層強化されることを心から期待する旨述べました。

    3 チョン書記長からは,岸田大臣を始め日本側が実りある日程を組み,盛大な歓迎式典を催して頂き心より感謝する,日・ベトナム関係は史上最良といってよい状態にあり,日本をベトナムの重要なパートナーとすることはベトナムの一貫した対外政策である,今回の訪問はアジアの平和と繁栄のために両国関係を更に包括的に進化させる狙いがあり,今次訪問が両国関係を更に発展させる機会となることを期待する旨述べました。

    4 岸田大臣からは,戦後70年の本年,日本は平和国家としての歩みを基礎に「積極的平和主義」の立場から,国際社会の平和と安定に一層貢献してきており,海洋安全保障は両国が連携すべき重要な課題と考えていると述べました。また,岸田大臣は,明年初頭に予定される第12回ベトナム共産党大会における指導部交代以降も,ベトナムとの切れ目のない緊密な連携を期待したい旨述べました。チョン書記長からは,戦後70年間に亘り日本及び日本国民が成し遂げた成果を心よりお祝いする,日本のベトナムに対するODA,特に交通分野を中心とするインフラ支援は大変有意義であり,迅速な援助に感謝する旨述べるとともに,日本による地域の平和及び安全に対する積極的な貢献への支持を表明しました。

    5 この他,双方は,南シナ海についても意見交換し,地域の安全並びに航行及び上空飛行の自由を維持する重要性を確認するとともに,引き続き連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る