報道発表
日豪外相電話会談

平成26年7月30日

  1.  本30日15時から約15分間,岸田文雄外務大臣は,オーストラリアのジュリー・ビショップ外務大臣(The Hon. Julie BISHOP, MP, Australian Minister for Foreign Affairs)と電話会談を行いました。概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田外務大臣から,ウクライナ東部上空で発生したマレーシア航空機の撃墜事件に関し,多くの豪国民の犠牲者が出たことに大きな衝撃を受けているとして改めて弔意を示すとともに,日本として一刻も早い真相究明を重視しており,アボット首相,ビショップ外務大臣が積極的な外交努力を行っていることを評価する旨述べました。

    2 また,岸田外務大臣から,日本が7月28日に発表した対露追加措置につき説明するとともに,日豪の深く親密な関係を踏まえ,日本として支援できることがあれば協力したい旨述べました。

    3 これに対し,ビショップ外務大臣から,事件発生以降豪政府が行っている対応について説明がなされるとともに,豪政府として,親密な友好国である日本からの協力に感謝する旨述べました。

    4 両大臣は,今後の迅速な原因究明及びウクライナ情勢の安定化に向け,日豪間で引き続き連絡を密にしていくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る