報道発表
北朝鮮による国際拉致解決連合関係者の岸田外務大臣表敬訪問

平成26年3月4日

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  1.  本4日午後6時より,岸田文雄外務大臣は,国際拉致解決連合のメンバーである,我が国の拉致被害者御家族並びに韓国及びタイの拉致被害者御家族等の表敬訪問を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣より,これまでの御家族の努力もあり,拉致問題が基本的人権の侵害という国際社会の普遍的問題であるとの認識が国際社会においても着実に広がっている,政府としては,北朝鮮における人権に関する国連調査委員会の最終報告書も活用しつつ,現政権下での拉致問題の完全解決に向けあらゆる努力を傾注する旨発言しました。また,昨3日に中国・瀋陽にて開催された日朝赤十字会談及び日朝政府間の非公式意見交換の結果について説明しました。

    2 これに対し,拉致被害者御家族からは,全世界の拉致被害者家族と支援組織で構成される国際拉致解決連合としては,国連及び国際社会そして特に自国民が拉致被害にあっている関係国政府は,北朝鮮における人権に関する国連調査委員会の最終報告書を最大限活用して,拉致問題を含む北朝鮮による人権侵害が1日でも早く解決するように全力で取り組んでほしいといった発言がありました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る