報道発表
岸田外務大臣とクマール・インド首相対日関係特使との会談

平成25年9月19日

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  1.  本19日午後1時35分から約25分間,岸田文雄外務大臣は,訪日中のアシュワニ・クマール・インド首相対日関係特使(H.E. Dr. Ashwani Kumar, Special Envoy of the Prime Minister of India)との間で会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。本件会談には,城内実外務大臣政務官が同席しました。

    1 岸田大臣より,クマール特使の就任を歓迎した上で,天皇皇后両陛下がインドを御訪問になる本年は両国にとって歴史的な年となる旨述べたのに対し,クマール特使より,両陛下を国賓としてインドにお迎えすることはインドにとり大変光栄なことである旨述べ,日インド両国が引き続き緊密に協力して御訪問の準備を進めることで一致しました。

    2 二国間関係について,岸田大臣とクマール特使は,政治・安全保障及び経済等の分野における日インド協力について意見交換を行い,「戦略的グローバル・パートナーシップ」の一層の発展を目指して,緊密に協力していくことを確認しました。

    (参考)
     本年8月,シン・インド首相は,アシュワニ・クマール前インド連邦法務大臣(上院議員)を対日関係特使(閣僚級)に任命。クマール特使の任務は,天皇皇后両陛下の本年のインド御訪問及び安倍総理の次回のインド訪問に向けた準備を行うこと,並びに,これらを通じて日インド関係の維持・強化を図ることとされている。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る