報道発表
岸田外務大臣とセス国連訓練調査研究所事務局長との会談

平成28年2月1日

  1. 本1日午後5時20分から約20分間,岸田文雄外務大臣は,訪日中のニキル・セス国連訓練調査研究所事務局長(Mr. Nikhil Seth, Executive Director, United Nations Institute for Training and Research:UNITAR)と会談を行いました。概要は以下のとおりです。

    1 岸田大臣から,セス事務局長のUNITAR事務局長就任及び今回の訪日を歓迎するとともに,広島県内に所在する広島事務所と日本がUNITARの人材育成事業を通じて強い協力関係を築いている旨述べました。

    2 セス事務局長からは,日本はUNITARにとって特別な存在であるとして,日本政府とUNITAR広島事務所の連携によって実施されている南スーダンやアフリカ諸国を対象とした研修事業への支援に対する感謝が述べられるとともに,平和構築,核軍縮・不拡散をはじめとするUNITARの研修事業に対する日本への継続した支援に対する期待が述べられました。

    3 これに対し,岸田大臣から,広島事務所が実施している核軍縮・不拡散に関する研修は被爆の実相を世界に広く知ってもらう観点から有意義であるとして,UNITARとより一層連携を強化していきたい旨述べました。

関連リンク
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る