報道発表
日・モルディブ外相会談

平成27年8月28日

英語版 (English)

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示
  1.  本28日午後5時15分から約25分間,岸田文雄外務大臣は,WAW!2015(女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム)に参加するため,訪日中のドゥンヤ・マウムーン・モルディブ共和国外務大臣(Hon. Ms. Dunya Maumoon, Minister of Foreign Affairs,the Republic of Maldives)と外相会談を行ったところ,会談の概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,岸田大臣から,マウムーン外務大臣の訪日及びWAW!2015への参加を歓迎するとともに,来年1月の在モルディブ日本大使館開設や2017年の国交樹立50周年を契機に両国関係を一層緊密化させたい旨述べました。これに対し,マウムーン大臣から,モルディブの開発に対する日本のこれまでの支援に謝意を述べるとともに,大使館開設は両国関係の更なる強化に資するものであり歓迎する旨述べました。

    2 岸田大臣から,モルディブにおける民主主義定着に期待を表明し,また,平和安全法制について,国際協調主義に基づく「積極的平和主義」を実践するものである旨説明したのに対し,マウムーン外務大臣からは,モルディブ政府の民主化へのコミットメントを再確認するとともに,日本の積極的平和主義への支持が表明されました。

    3 さらに,両外相は同じアジアの海洋国家として海洋問題についての対話を深めていくこと,また,気候変動分野における協力を強化することで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る