報道発表
フランス・パリ市内における銃撃テロ事件を受けた薗浦外務大臣政務官による弔意の記帳

平成27年1月13日

  • 本欄に画像を表示
  1. 1月13日午後,薗浦健太郎外務大臣政務官は,フランス・パリ市内で発生した一連の銃撃テロ事件の犠牲者及びその御家族の方々に哀悼の意を表し,11日のフランスにおける行進に表明されたフランス社会,国際社会の連帯の動きを受けて,改めて今回のテロ事件を非難し,フランス政府・フランス国民に連帯の気持ちを示すため,駐日フランス大使館公邸を訪問し,弔意の記帳を行いました。

関連リンク
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る