報道発表

「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」のユネスコ世界遺産一覧表への記載決定
(第41回ユネスコ世界遺産委員会における審議結果)

平成29年7月9日

英語版 (English)

  1.  7月2日から12日までの日程で,ポーランドのクラクフで開催されている第41回ユネスコ世界遺産委員会において,我が国政府が世界遺産に推薦していた「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」の審議が行われ,7月9日17時47分(現地時間 7月9日10時47分)に,世界遺産一覧表に「記載」されることが決定されました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る