報道発表
メネンデス米上院議員(上院外交委員会委員長)による岸田外務大臣表敬(概要)

平成25年8月15日

  • メネンデス米上院議員による岸田外務大臣表敬 (1)
  • メネンデス米上院議員による岸田外務大臣表敬 (2)
  1.   本15日午前10時40分から約35分間、岸田文雄外務大臣は、訪日中のロバート・メネンデス米上院議員(上院外交委員長)の表敬を受けたところ、概要は以下のとおりです。

    1.岸田大臣から、メネンデス上院議員の訪日を歓迎するとともに、日米同盟の一層の強化のためには、議員交流を含め幅広い意思疎通が必要であり、その観点からも、メネンデス上院議員の訪日は重要な機会である旨述べました。これに対しメネンデス議員から、今回、上院外交委員長として初のアジア歴訪において、当然日本を最初の訪問国として選んだのは、日米関係が、アジア地域全体の要として極めて重要であり、また、両国は世界第1と第3の経済大国であるのみならず、民主主義や人権といった共通の価値観を共有するからである旨述べました。

    2.岸田大臣からは、オバマ政権がアジア太平洋重視政策をとっていることを歓迎し、日本としても地域及び国際社会の平和と安定にこれまで以上に積極的に貢献していきたい旨述べました。また、在沖縄海兵隊のグアム移転について、適切な予算確保と資金凍結解除が行われるよう、議会の協力を要請しました。両者は、普天間移設を含む米軍再編を日米合意に則って進めていくことが重要との点で一致しました。

    3.岸田大臣から、日本としては不拡散、中東和平、女性や人権等のグローバルな課題への貢献に力を入れていく考えである旨説明し、今後日米両国が緊密に連携していくことが重要である旨で一致しました。

    4.このほか、両者は、TPP、中国や朝鮮半島等のアジア太平洋地域情勢、イラン情勢等に関し、意見交換を行いました。両者は、この地域において法の支配が重要との認識で一致し、日米で協力していくことを確認しました。この関連で岸田大臣から、先般の上院における海洋の安全保障に関する決議について触れ、これを高く評価する旨述べました。

関連リンク
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る