報道発表

日・モーリタニア外相会談及び夕食会について

平成19年8月9日

(写真) (写真)

本日、18時30分より約40分間、麻生太郎外務大臣は、外務省飯倉公館において、来日中のモハメド・サレック・ウルド・モハメド・レミン・モーリタニア・イスラム共和国外務・協力大臣と外相会談を行い、引き続き同公館内にて夕食会を行った。
外相会談に先立って、両大臣出席の下、「ヌアクショット・ヌアディブ小中学校建設計画」に関する交換公文(E/N)の署名式を行った。

  1. 外相会談においては、二国間関係に関する意見交換が行われた。麻生大臣より、民主化定着に向けた同国の取組を評価するとともに、両国間の要人往来が活発で喜ばしい、今後も日本は教育、給水、食料援助等の分野を中心に支援を行っていく、と述べた。また、署名した交換公文に関連して、麻生大臣より、明治政府が教育に予算を重点的に配分したことに触れ、開発における教育の重要性を説いた。
  2. これに対し先方より、日本の支援に感謝した上で、日本はモーリタニアの最重要のパートナーである、良い統治(グッド・ガバナンス)の達成に向け、自らの国家資源を効率的に活用しながら、日本をはじめとしたパートナーからの後押しを期待する旨の発言があった。また、先方より、二国間関係の一層の強化のために在モーリタニア日本国大使館の開設につき要請があった。
  3. 夕食会では、モーリタニアの国連非常任理事国選挙への立候補、モーリタニアの砂漠化、オフショア石油・ガス開発による水質汚濁・漁業資源への影響等の環境問題、IT・教育の重要性等につき意見交換を行った。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る