報道発表

麻生外務大臣とクシュパン・スイス副大統領兼内務大臣の会談

平成19年7月10日

10日(火曜日)午前11時より約20分間、日・スイス科学技術協力協定の署名式に引き続き、麻生外務大臣はクシュパン・スイス副大統兼内務大臣と会談したところ、概要以下のとおり。

麻生大臣より、クシュパン副大統領が日・スイス科学技術協力協定の署名のために訪日したことを歓迎する、温暖化等の環境問題にとっても科学技術の進展は欠かすことができず、両国とも同分野では成功をおさめており、今後の協力に期待する旨述べた。
これに対してクシュパン副大統領より、今回日・スイス科学技術協力協定を署名できたことを喜ばしく思う、日本は原子力エネルギーの分野の技術も革新的であり学ぶべきことも多い、来年洞爺湖で開催されるG8サミットでは環境問題をメインに扱うと聞いており、スイスとしても大きな関心を寄せている旨述べた。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る