報道発表

日韓外相電話会談について

平成19年6月21日

  1. 麻生太郎外務大臣は、6月21日(木曜日)午後4時から約30分間、宋旻淳(ソン・ミンスン)外交通商部長官との間で、先方の発意によって、日韓電話外相会談を行った。
  2. 両大臣は、来週IAEA要員の訪朝が実現する運びとなったことなど、六者会合を巡る最近の動きを評価した。
  3. また、両大臣は、六者会合プロセスを加速化する必要があるとの点で一致し、ヒル次官補の訪朝結果も踏まえ、日韓米間で引き続き緊密に連携していくことで一致した。
  4. さらに、両大臣は、拉致問題を含む日朝関係の進展の重要性につき一致を見た。特に、宋旻淳長官よりは、韓国は、日朝関係を含む六者会合の全ての分野での進展を期待している、南北間の協議においても拉致問題を含む日朝間の問題を提起してきている旨発言があった。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る