プレスリリース

在京アフリカ外交団代表による岸田外務大臣表敬

平成25年3月11日

 本11日,岸田文雄外務大臣はスチュワート・ハロルド・コンバーバッハ駐日ジンバブエ共和国特命全権大使(在京アフリカ外交団長)及びマルコス・タクレ駐日エチオピア連邦民主共和国特命全権大使の表敬を受け,約20分間に亘り意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1.  岸田外務大臣から,在京アフリカ外交団のアフリカ開発会議(TICAD)プロセスに対する貢献に謝意を述べるとともに,3月16日と17日にエチオピアで開催されるTICAD V閣僚級準備会合に向けた協力を要請しました。また,岸田大臣から,閣僚級準備会合を通じ,TICAD Vで取り組むべき課題について議論を深め,本年6月に開催されるTICAD Vの成功につなげていきたい旨述べました。
  2.  これに対して,コンバーバッハ大使から,TICADプロセスを通じた我が国のアフリカ支援に対し謝意が表明され,TICAD Vの成功に向けて在京アフリカ外交団と引き続き,緊密に連携していくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
プレスリリースへ戻る