報道発表

メキシコ石油公社(PEMEX)ビル爆発事故に関する岸田外務大臣の弔意メッセージの発出

平成25年2月1日

 本1日,岸田文雄外務大臣は,ホセ・アントニオ・ミード・クリブレーニャ・メキシコ外務大臣(Dr. Jose Antonio Meade Kuribrena, Secretary of Foreign Affairs of Mexico)に対し,メキシコ石油公社(PEMEX)ビル爆発事故に関する弔意のメッセージを発出しました。

(参考)
 1日午前6時45分頃(現地時間1月31日午後3時45分頃),メキシコシティー所在のメキシコ石油公社(PEMEX)ビルB2棟地下1階の電気室付近から大きな爆発が発生。日本時間1日午後3時現在,現地報道発表によれば,この事故により25名の死者及び101名の負傷者が確認されている。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る