報道発表

浜田外務大臣政務官のコソボ共和国,カザフスタン共和国及びタジキスタン共和国訪問

平成24年9月7日
  1. 9月9日(日曜日)から9月16日(日曜日)まで,浜田和幸外務大臣政務官は,コソボのプリシュティナ,カザフスタンのアスタナ及タジキスタンのドゥシャンベを訪問する予定です。
  2. コソボにおいては,「監督下の独立の終了(ESI)」に関する行事及び会議に出席し,コソボ政府要人と二国間関係等について意見交換する予定です。
  3. カザフスタンにおいては,アジア信頼醸成措置会議(CICA)第4回外相会合に出席し,カザフスタン政府要人と二国間関係等について意見交換する予定です。
  4. タジキスタンにおいては,同国政府要人と二国間関係並びに地域情勢等について意見交換する予定です。
【参考1】浜田政務官出張日程
9月9日(日曜日)成田発
9月10日(月曜日)~11日(火曜日)「監督下の独立の終了(ESI)」関連行事及び会議(於:プリシュティナ)
9月12日(水曜日)~13日(木曜日)CICA第4回外相会合等(於:アスタナ)
9月14日(金曜日)~15日(土曜日)タジキスタン政府関係者との会談等(於:ドゥシャンベ)
9月16日(日曜日)成田着

【参考2】コソボの「監督下の独立の終了(ESI:Ending Supervised Independence)」関連行事及び会議
 コソボは,2008年2月にセルビアからの独立を宣言した後も,欧米のコソボ独立支持国からなる国際運営グループ(ISG)によって設置された国際文民事務所(ICO)の監督下にあったが,本年7月,ISGはアハティサーリ案が相当な程度まで履行されたとして,ICOの本年9月の閉鎖を決定。今回のコソボの「監督下の独立の終了(ESI)」関連行事及び会議は,このICOの閉鎖を受けて開催されるもの。コソボ議会での特別会合や西バルカン諸国のEUへの統合などをテーマにした会議が開催される。

【参考3】アハティサーリ案
 アハティサーリ国連特使が2007年3月に国連に勧告した国際社会の監督下のコソボの独立案。同案では、EU主導の国際文民プレゼンスとNATO主導の国際軍事プレゼンスがコソボに展開し,少数民族の保護を含む民主的な多民族国家の構築のため,コソボの国家運営を監督することとされている。

【参考4】アジア信頼醸成措置会議(CICA:Conference on Interaction and Confidence-Building Measures in Asia)概要
 1992年10月,ナザルバエフ・カザフスタン大統領が第47回国連総会においてアジア全域の相互協力と信頼醸成を目的とする地域フォーラムとして設立を提唱。加盟国は24か国・地域。オブザーバーは日本を含む8カ国・3機関。現在の議長国はトルコ(任期は2012年まで,今回の外相会合において2年任期延長が承認される予定)。事務局はカザフスタンのアルマティに所在。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る