報道発表

タジキスタン共和国に対する無償資金協力「第二次クルガンチュベ-ドゥスティ間道路改修計画」に関する書簡の交換

平成23年12月12日
  1. 本12日(月曜日)(現地時間同日),タジキスタン共和国の首都ドゥシャンベにおいて,我が方今橋啓介駐タジキスタン大使とハムラーハン・ザリフィ同国外務大臣(H.E. Mr. Hamrokhon ZARIFI, Minister of Foreign Affairs)との間で, 総額18億8,900万円を限度とする無償資金協力「第二次クルガンチュベ-ドゥスティ間道路改修計画」(The Project for the Rehabilitation of Kurgan Tyube - Dusti Road (Phase2))に関する交換公文の署名が行われました。
  2. 本件協力は,タジキスタンの首都ドゥシャンベとアフガニスタンとの国境の町ニジノピャンジを結ぶ総延長約176.6kmの道路のうち,クルガンチュベからドゥスティまでの17.9kmの区間を改修するものであり,改修後はドゥシャンベ-アフガニスタン国境間の全線が整備されることになります。我が国はこれまで,クルガンチュベとニジノピャンジの間の一部計65.7kmの区間の改修を無償資金協力により実施してきました。また,ドゥシャンベとクルガンチュベの間の区間約93kmはアジア開発銀行(ADB)により改修が行われました。なお、アフガニスタン国境では米国により橋梁が建設されています(地図PDF)。
  3. 本件協力により,対象道路における輸送時間の短縮が見込まれます。また,本件道路はアフガニスタンを経由してパキスタンのカラチまでつながっており,将来的にはアフガニスタンを経由した物流促進も見込まれ,アフガニスタンの自立促進に寄与することも期待されます。

(参考)タジキスタン共和国は,中央アジアに位置する内陸国であり,面積約14.3万平方キロメートル(日本の約4割),人口約710万人(2010年:国連人口基金),一人当たりGNI(国民総所得)は780米ドル(2010年:世銀)。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る