報道発表

アミーラ・ハク東ティモール担当国際連合事務総長特別代表兼国際連合東ティモール統合ミッション(UNMIT)代表の前原外務大臣表敬

平成22年10月5日

本5日(火曜日)16時10分から約20分間,来日中のハク国連事務総長特別代表が前原誠司外務大臣を表敬したところ,主なポイントは以下のとおりです。

  1. 前原大臣より,UNMITが東ティモールの安定に貢献しており,ハク特別代表の努力に感謝している旨述べました。また,3月に急逝した川上隆久前副特別代表について,ハク特別代表による追悼式の開催などの丁寧な対応に感謝を伝えるとともに,後任の持田副代表の活躍を期待する旨述べました。さらに,2006年の危機を繰り返さないよう,東ティモール国家警察の訓練などに尽力しているUNMITに対し,我が国はこれからも必要な支援をしていきたい旨述べました。
  2. これに対し、ハク特別代表より、現地情勢につき説明の上,東ティモール及び軍事連絡要員の派遣をはじめとするUNMITに対する日本の支援について感謝が述べられ,今後とも緊密に連携していきたい旨述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る