わかる!国際情勢 トップページへ

Vol.41 2009年7月14日
温室効果ガス15%削減~温暖化防止の中期目標

麻生総理は6月10日、温室効果ガス排出量を2020年に2005年に比べ15%削減すると発表しました。この中期目標とはどのような意味を持つものなのでしょうか。気候変動問題の中で中期目標が持つ意味と、日本のリーダーシップについて考えます。

途上国の参加と行動を促す日本の中期目標

現在、国際社会は、気候変動問題に対処するため、2013年以降の国際的な枠組みを作るべく交渉中です。この交渉では、途上国にも一定の行動を求める先進国と先進国が大幅な削減を行うべきとする途上国との間に意見の隔たりが見られます。このため、日本は具体的な削減目標を示して議論の進展を促すべく、先進国の一員として、また温暖化対策をリードする国として、中期目標を決定しました。

 

長期目標への道筋となる重要な中期目標

日本の中期目標は、①主要排出国の「全員参加」と日本のリーダーシップ ②環境と経済の両立 ③長期目標の実現という3つの基本原則に基づいて設置されました。これはEUの2005年比13%や米国オバマ政権の同14%を上回るものです。しかも、日本の目標は、外国から排出権を買ってくる分や、植林等によって加算される分を含まない、省エネなどの努力による削減分です。加算されていない排出権購入などによる削減分をどうするかは、これからの交渉を見ながら判断していきます。この中期目標を達成すれば、日本の温室効果ガスは2030年には約25%減、2050年には約70%削減されると分析されています。

 

主要排出国が義務を負わない京都議定書

ここで、気候変動問題を巡るこれまでの流れについて簡単にまとめます。1992年にできた気候変動枠組条約は、温室効果ガスの濃度を安定させること目指して努力することを定めたものですが、具体的な削減義務を課していません。その義務を定めたものが1997年の京都議定書です。しかし、京都議定書では、義務を負う国の排出量は世界全体の排出量の30%程度を占めるにすぎず、世界全体で温室効果ガスの削減を実効的に進めていくには不十分です。この京都議定書では2008年から2012年の間の先進国の削減義務が定められており、現在議論されているのが、2013年以降の枠組みです。(もっと詳しく知りたい方はこちら

 
世界のエネルギー起源CO2排出量(2006年)と京都議定書
世界のエネルギー起源CO2排出量の見通し
 

「2050年までに世界全体の温室効果ガスを50%削減する」

温暖化の問題は、2008年のG8北海道洞爺湖サミットでも取り上げられ、2050年までに世界全体の温室効果ガス排出量を少なくとも50%削減することでG8が合意しました。日本はこの合意形成にあたって、G8議長国として大きなリーダーシップを発揮しました。今後、これを新たな枠組みの長期目標とすべく、関係国との間で交渉していかなければなりません。そして、その最終交渉の場とされているのが、2009年12月に予定されているCOP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)です(もっと詳しく知りたい方はこちら)。

2050年までに温室効果ガスを半減
 
 

排出量削減には途上国による対策が必要

公平な削減目標であっても、経済開発を進める必要に迫られている途上国にとっては、技術とコストの面からかなり高いハードルです。しかし、途上国の気候変動対策がなければ、世界全体の排出量は削減されません。このため、日本は、温室効果ガスの排出削減と経済成長を両立させようとする途上国を支援するために100億ドル規模の「クールアース・パートナーシップ」を提案しました。

クールアース・パートナーシップの全体像(イメージ)
 

削減努力をする途上国を「資金」と「技術」で支援

約90か国の国(2009年7月現在)とクールアース・パートナーシップを構築し、森林減少の防止やエネルギー効率の向上などに取り組むインドネシアや気候変動の影響に脆弱なバングラデシュをはじめとする国々へ、積極的に支援を実施しています。このほかにも、日本は、他の先進国や世銀と協力して設立した「気候投資基金(CIF)」に12億ドルを拠出しています。気候変動の影響を最も受けやすい途上国が、こうした資金援助と技術移転によって、自ら気候変動に立ち向かうことが望まれます。

 
 

環境技術の改革で世界をリードする

15%という欧米に比べても高い削減目標は、日本が世界をリードしてきた環境技術を、さらに低炭素革命でリードしていく、そのために努力する覚悟を持つべきという決意の表れでもあります。この目標を達成するためには、効率を33%改善する必要があるとされています。これは、1970年代オイルショックの時のエネルギー効率の改善が30%であったことからしても、極めて野心的なものです。積極的に環境技術の改革に取り組むことで、いち早く低炭素社会を実現し、引き続き日本が環境技術で世界をリードしていこうと考えています。

環境技術のイノベーション
 
 
メルマガ登録希望の方はこちらからお申込みください。
ご意見ご感想もお待ちしています。 (外務省国内広報課)
このページのトップへ戻る
目次へ戻る