イベント・募集案内

平成24年度外務省本省インターンシップの実施について
(本年度の募集は締め切りました。)

平成24年6月

 外務省では,国際的業務に従事することを希望する学生に対し,実践的な就業経験を提供することにより,外務省の活動実態及び日本外交についての国民の皆様の理解を深めていただき,もって外交及び国際関係業務に携わる人材の裾野を拡大することを目的として,本年度も,下記のとおりインターンシップを実施します。なお,本インターンシップは,採用選考活動とは一切関係がありませんので,ご承知おき下さい。

1.対象者

大学(院)生

2.受け入れ時期,期間

7月23日(月曜日)から9月21日(金曜日)までの間で2週間以上の一定期間
(詳細は「受入予定課室一覧表(ExcelPDF)」をご参照下さい)

3.受入課室

外務省本省各課室(東京都千代田区霞が関2-2-1)
(詳細は「受入予定課室一覧表(ExcelPDF)」をご参照下さい)

4.募集方法及び参加学生の決定

(1)国内の学生

 国内の大学に在籍している学生の応募は大学(院)ごとに行います。各大学は,「受入予定課室一覧表(ExcelPDF)」をご参照の上,学生からの参加申し込み(「参加申し込みフォーム(WordPDF)」)を取り纏め,6月8日(金曜日)【必着】までに外務省人事課総務班「外務省インターンシップ担当」まで推薦者のフォームを郵送にて提出して下さい(学生個人からの応募は受け付けません。また,規定のフォーム以外の申し込みは受け付けませんのでご注意ください。)。一時的に海外に留学中の学生についても大学毎に取り纏めをお願いします。提出する際,大学側の派遣体制(単位認定の有無,事前・事後のフォローアップ体制)が判る資料も添付して下さい。また,大学の担当者名・電話番号・メールアドレスについても分かるよう明記して下さい。なお,同一の受入枠に同じ大学より複数の学生を推薦することは認めませんので,ご注意下さい。

(2)海外の学生

 在留資格を有する邦人で,現在大学(院)に在学中であることを条件に,海外の大学に通う学生の参加も受け付けることとしています。参加を希望する方は,「参加申し込みフォーム(WordPDF)」及び「大学からの推薦状」を6月8日(金曜日)【必着】までに外務省人事課総務班「外務省インターンシップ担当」まで郵送で提出して下さい(海外の学生については,学生個人からの応募となります。ただし,日本から一時的に海外に留学中の学生については,上記(1)のとおりご対応下さい。)。なお,規定のフォーム以外の申し込みは受け付けませんのでご注意ください。

(3)参加学生の決定

 外務省は,6月中に各学生の受入の可否を決定し,各大学宛に通知します(海外の学生については個人に通知します。)。学生の選考については,大学側の派遣体制,学生の関心,受入課室との適合性等を勘案して,外務省側にて書類選考を行います。また,選考理由についてもお答えできませんので,予めご了承下さい

5.実習内容

「受入予定課室一覧表(ExcelPDF)」をご参照下さい。

6.覚書の取り交わし,誓約書の提出,保険の加入

(1)覚書の取り交わし

 インターンシップの実施に先立ち,実習生の所属大学(院)(学部/学科)の長と外務省(人事課長)との間で覚書を取り交わしていただきます(上記4.(2)に該当する学生については,学生個人と取り交わしをさせて頂きます。)。

(2)誓約書の提出

 実習生の所属大学には,インターンシップへの参加が決定した実習生から誓約書を取り付け,事前に外務省(人事課)に提出していただきます(上記4.(2)に該当する学生については,学生個人から提出して頂きます。)。

(3)保険の加入

 インターンシップの実施に先立ち,実習生には実習期間中の災害保険に加入してもらい,各大学より,事前に災害保険の写しを外務省(人事課)に提出して頂きます(上記4.(2)に該当する学生については,学生個人から提出して頂きます。)。

(4)その他

 その他,インターンシップ実施に関する細目については,「平成24年度外務省本省インターンシップ実施要領(PDF)」をご参照下さい。

7.連絡先

外務省大臣官房人事課総務班「外務省本省インターンシップ」担当
〒100-8919
東京都千代田区霞が関二丁目2番1号
電話:03-3580-3311(代表)


Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る