談話

ウクライナ大統領選挙について(外務大臣談話)

平成26年5月27日

英語版 (English)

1 5月25日,ウクライナにおいて大統領選挙が,ウクライナ東部の一部を除き,自由,公正かつ平穏に行われ,ポロシェンコ候補が当選を確実なものとしたことに祝意を表明します。

2 我が国としては,ウクライナの平和と安定のためには,(1)経済状況の改善,(2)民主主義の回復,(3)国内の対話と統合の促進の3つが重要と考え,これまで最大15億ドルの経済支援を含め,我が国の貢献につき表明をしてきたところです。今回の大統領選挙を通じて,民主的に選出された新政権が成立することは,ウクライナの平和と安定の実現に向けた大きな一歩です。

3 日本政府として,新政権の下で,経済改革や国内の対話と統合の促進を含め,喫緊の課題について改革が進むことを期待しています。我が国としてもこうした改革の促進において,引き続き,新政権を支援していきます。


このページのトップへ戻る
談話へ戻る