外務報道官談話

カイロのコプト・キリスト教会における爆発事件(外務報道官談話)

平成28年12月12日

英語版 (English)

1  12月11日(現地時間同日),エジプト・アラブ共和国カイロの聖コプト大聖堂において発生した爆発事件により,多くの死傷者が発生したことに関し,ご遺族に対し心からの哀悼の意を表するとともに,負傷者の方々に心からお見舞いを申し上げます。

2 テロはいかなる理由によっても正当化できず,我が国はこのようなテロ行為を断固として非難します。我が国は,エジプト政府及びエジプト国民に対し,強い連帯の意を表します。

[参考]事件概要
現地時間12月11日10時頃(日本時間12月11日(日)17時頃),カイロのアッバーシーヤ地区にある聖コプト大聖堂において爆発が起こり,エジプト保健省の発表によれば,この爆発により少なくとも25名が死亡し,49名が負傷(邦人を含む外国人の被害は確認されていない。)。なお,これまでのところ犯行声明は確認されていない。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話へ戻る