談話・コメント

外務報道官談話

エジプト人民議会選挙結果の発表等について

平成24年1月23日

  1. 我が国は、1月21日(土曜日)にエジプト選挙管理委員会による同国人民議会選挙の最終結果発表等がなされ、同選挙が滞りなく終了したことを歓迎します。
  2. 我が国は、今後、エジプトにおいて新たな人民議会が発足するとともに、諮問評議会選挙、新憲法制定や大統領選挙を含め、民主化プロセスが予定どおり、かつ円滑に進められ、民政移管が完了することを期待します。
  3. 我が国は、エジプトが、中東・北アフリカ地域の穏健安定勢力として、同地域の平和と繁栄のため今後も貢献していくことを期待しており、そのために、エジプトにおける民主的体制移行に向けた諸改革への取組みを支援していきます。
(参考)
  1. 人民議会選挙最終結果
    21日、エジプト選挙管理委員会は、人民議会選挙(508議席;うち10議席は任命枠。昨年11月28日~本年1月11日、地域毎に3回に分けて実施)の最終結果を発表。自由公正党(ムスリム同胞団公認政党)が235議席(47.2%)、ヌール党(イスラム回帰主義政党)が123議席(24.7%)、ワフド党(リベラル)が38議席(7.6%)を獲得。
    同日、国軍最高会議議長は、人民議会議員のうち大統領(国軍最高会議議長)任命枠10議席の議員を任命(女性2名、コプト教徒4名含む)。
  2. エジプトにおける選挙に対する我が国の支援
    2011年5月,7月及び10月に国際協力機構(JICA)による支援ミッションを派遣し,選挙制度整備や選挙報道等に関する我が国の知識と経験を提供。また,我が国との合意の下,エジプト政府が選挙実施のため,我が国が過去に実施した無償資金協力の結果積み立てられた「見返り資金」()(約10億円相当)を活用し,投票ブースや投票用紙等を調達。

    )見返り資金
    我が国が行った無償資金協力(外貨支援)で輸入した資機材等を被援助国が国内で販売等行った際発生する内貨を積み立て,同国の経済社会開発に使用するもの。

このページのトップへ戻る
外務報道官談話 |  平成24年談話 |  目次へ戻る