アメリカ合衆国

薗浦内閣総理大臣補佐官とオハラ米国副大統領次席補佐官との意見交換

平成29年9月22日

 9月21日(現地時間),米国ニューヨークを訪問中の薗浦健太郎内閣総理大臣補佐官は,ジョアン・オハラ米国副大統領次席補佐官(Ms. Joan O’Hara, Deputy National Security Adviser for Vice President)と意見交換を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 薗浦補佐官から,北朝鮮に関し,米国のリーダーシップで新たな国連安保理決議が採択できたことを高く評価するとともに,国連安保理決議の完全な履行確保や,更なる制裁の強化に向けて,米国と協力していきたい旨を述べました。これに対し,オハラ補佐官から中国の役割の重要性について指摘があり,両者は引き続き緊密に協力していくことを確認しました。

2 また,両者は,その他の地域情勢についても意見交換を行い,引き続き議論を深めていくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る