アメリカ合衆国

米国フロリダ州オーランド市で発生した銃撃事件を受けたお見舞いメッセージの発出

平成28年6月13日

英語版 (English)

 米国時間6月12日(日曜日),米国フロリダ州オーランド市で発生した銃撃事件により,多数の死傷者が出たことを受け,13日(月曜日),安倍晋三内閣総理大臣からバラク・オバマ米大統領(The Honorable Barack H. Obama, President of the United States of America)に宛てて以下のメッセージを発出しました。

 「この度,フロリダ州で発生した銃撃テロ事件により,多数の米国民が犠牲になったことに,大きな衝撃と,強い憤りを覚えます。いかなる理由があろうとテロは許されない。断固,非難します。

 テロの犠牲になられた方々,また,御家族の皆様に対して心からの哀悼の意を表します。そして,負傷された方々の1日も早い回復をお祈りします。

 この困難な時に,日本は,米国及び米国国民と共にあります。テロは日米が共有する価値への挑戦です。オバマ大統領のテロとの戦いへの強い決意を共有し,米国及び国際社会と連携して,引き続きテロとの戦いに取り組んでまいります。」


このページのトップへ戻る
アメリカ合衆国へ戻る