予算・決算・財務

国際機関等への拠出金等に対する評価

平成29年8月31日

 平成30年度概算要求を行う国際機関等への拠出金等について,原則として,平成28年7月末から一年間の実績・成果等を対象とし,下記(1)の評価基準に照らして評価を行いました。評価の目安は下記(2)のとおりです。

(1)評価基準

I 国際機関等の活動・組織について

  • 【評価基準1】国際機関等の専門分野における活動の成果・影響力
  • 【評価基準2】国際機関等の組織・財政マネジメント

II 国際機関等と日本との関係について

  • 【評価基準3】日本の外交課題遂行における国際機関等の有用性
  • 【評価基準4】国際機関等における日本人職員・ポストの状況等
  • 【評価基準5】日本の拠出金等の執行管理におけるPDCAサイクルの確保

(2)評価の目安

  • A:期待する成果を超える成果を上げている。
  • B:期待する成果を着実に上げている。
  • C:期待する成果を上げているが,一部改善が必要。
  • D:期待する成果を十分に上げていない。

(注)新規に拠出を検討しているもの等,一部評価を行っていないものが含まれます。

(3)各拠出金等の実績・成果等とそれに対する評価

 各拠出金等の実績・成果等及びそれに対する評価については,拠出金等一覧を御覧ください。

このページのトップへ戻る
予算・決算・財務へ戻る