エクアドル共和国

日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプションの開催

平成30年1月31日

  • 日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプションの開催1
  • 日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプションの開催2
  • 日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプションの開催3

1月31日(水曜日),都内で在京エクアドル大使館主催の日・エクアドル外交関係樹立100周年記念レセプションが行われ,西村官房副長官(日・エクアドル友好議連会長)及び佐藤外務副大臣が出席したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,バルベリス駐日エクアドル大使は,レセプション出席者へ二国間関係におけるこれまでの協力に謝意を示しつつ,日・エクアドル両国の友好関係に言及の上,二国間関係の更なる発展を期待する旨述べました。
  2. 続いて,外務省を代表して出席した佐藤副大臣から,本年1月にエクアドルで行われた100周年の開幕記念式典に参加した旨紹介の上,周年を機に良好な日エクアドル関係を更に発展させるべく,引き続き尽力していきたい旨述べました。なお,この機会に,1月27日にエクアドル北西部で生じた自動車爆発事件において多くの負傷者が発生したことに関し,負傷者及びその家族にお見舞いの意を表しました。
  3. その後,日エクアドル外交関係樹立100周年実行委員会の小瀧委員長(前在エクアドル日本大使)から祝辞が述べられました。
  4. 続いて,日・エクアドル友好議連会長である西村官房副長官から,これまでのエクアドル訪問の際のエピソードについて触れつつ,日本とエクアドルは,文化交流や観光のポテンシャルも高く,未来に向けて更なる発展を期待する旨述べられた上で,乾杯の挨拶が行われました。
  5. 最後に,両国の外交関係樹立100周年を機に,両国の更なる関係強化を祈願して代表者一同によるテープカットが行われました。

このページのトップへ戻る
エクアドル共和国へ戻る