主な要人の来日日程

要人来日日程(平成18年3月)


メレル・ポーランド共和国外務大臣の来日について

平成18年3月22日
  1. ステファン・メレル・ポーランド共和国外務大臣は、3月30日(木曜日)から4月4日(火曜日)まで、外務省賓客として来日する。
  2. メレル外務大臣は、滞在中、麻生太郎外務大臣との会談等を行い、二国間関係および国際情勢につき意見交換を行う予定。
  3. 今回のメレル外務大臣の訪日により、日・ポーランドの外交関係が一層発展することが期待される。
ポーランド共和国国旗

エンフボルド・モンゴル国首相の来日について

平成18年3月20日
  1. ミエーゴムビン・エンフボルド・モンゴル国首相は、夫人および随員とともに3月26日(日曜日)から30日(木曜日)まで日本国政府の招待により来日する。
  2. 同首相は、滞在中、天皇皇后両陛下に謁見するほか、小泉純一郎内閣総理大臣と首脳会談を行う予定である。また、春場所千秋楽を視察し、幕内優勝力士にモンゴル国首相杯を手交する予定である。
  3. エンフボルド首相は今年1月に首相に就任したばかりであり、今次訪日は首相になって初の外国訪問となる。
  4. なお、今年は「大モンゴル建国800周年」にあたり(1206年のチンギスハーン即位から起算)、日本・モンゴル両国政府は本年を「日本におけるモンゴル年」、来年を「モンゴルにおける日本年」とすることで合意している。
モンゴル国国旗

マリ・アルカティリ・東ティモール民主共和国首相の来日について

平成18年3月15日
  1. マリ・アルカティリ・東ティモール民主共和国首相兼天然資源・鉱物・エネルギー政策大臣は、3月22日(水曜日)から25日(土曜日)までわが国の招待により来日する。
  2. アルカティリ首相は、滞在中、天皇陛下に謁見する他、小泉純一郎内閣総理大臣をはじめとするわが国政府関係者等と会談し、日・東ティモール二国間関係、今後の東ティモール支援、国連改革などについて幅広く意見交換を行う他、シンポジウム「東ティモールの平和構築と日本」(外務省・拓殖大学共催)における基調講演を行う予定である。
  3. 今回の来日は、2002年5月の同首相就任以来初の来日であり、日・東ティモール両国の友好協力関係が一層強化されることが期待される。

(参考)
なお、今回のアルカティリ首相来日には、ラモス・ホルタ上級国務大臣兼外務・協力大臣およびジョアン・アルベス環境調整・国土調査・自然開発担当国務大臣他が随行する。

東ティモール民主共和国国旗

アリエフ・アゼルバイジャン共和国大統領の来日

平成18年2月28日
  1. イルハム・アリエフ・アゼルバイジャン共和国大統領および令夫人は、3月7日(火曜日)から10日(金曜日)まで、わが国政府の招待により来日する。
  2. アリエフ大統領は、滞在中、天皇皇后両陛下との御会見、小泉純一郎内閣総理大臣および麻生太郎外務大臣との会談を行う予定である。
  3. アゼルバイジャン共和国からの大統領の来日は、1998年のヘイダル・アリエフ大統領(当時)の来日以来8年振りであり、今回のアリエフ大統領の来日により、わが国とアゼルバイジャンとの友好関係が一層深まることが期待される。
アゼルバイジャン共和国国旗

マラウイ共和国ムタリカ大統領の来日

平成18年3月13日

 公式実務訪問賓客マラウイ共和国大統領ビング・ワ・ムタリカ閣下は、3月14日(火曜日)から3月18日(土曜日)まで、日本を訪問されます。

 滞在中、天皇陛下は、同大統領と御会見になるほか、宮中午餐を催されます。

 また、同大統領は、小泉純一郎内閣総理大臣と会談される予定です。

マラウイ共和国国旗
このページのトップへ戻る
カレンダー(3月) | 目次へ戻る