外務省 English リンクページ よくある質問集 検索 サイトマップ
外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
トップページ 会談・訪問 主な要人の来日日程
主な要人の来日日程

要人来日日程(平成15年3月)


ゴー・チョクトン・シンガポール首相の来日について


平成15年3月25日

  1. ゴー・チョクトン・シンガポール首相は、3月25日(火)から31日(月)まで来日する。

  2. ゴー・チョクトン首相は、滞在中、小泉純一郎総理大臣をはじめわが国要人と会談し、二国間関係、地域情勢等について幅広く意見交換を行う予定である。

  3. ゴー・チョクトン首相の今回の訪日により、日本・シンガポール新時代経済連携協定の発効等を受けて緊密の度合が深まっている日本とシンガポールの二国間関係が強化されるとともに、本年が「日本ASEAN交流年2003」にあたることから、日本とASEAN諸国との友好関係が一層強化されることが期待される。

・ 概要と評価
・ 各国・地域情勢(シンガポール共和国)
・ 略 歴


カーン・バングラデシュ外務大臣の来日について


平成15年3月26日

  1. モルシェド・カーン・バングラデシュ外務大臣は、3月31日(月)から4月4日(金)まで、外務省賓客として来日する。

  2. カーン外務大臣は、滞在中、日・バングラデシュ外相会談を行うほか、わが国要人との間で会談を行い、二国間関係、南アジア情勢、国際情勢等につき幅広く意見交換を行う予定である。

  3. 今回のカーン外務大臣の来日により、日本、バングラデシュ両国の友好関係が一層発展することが期待される。

・ 日 程
・ 各国・地域情勢(バングラデシュ人民共和国)


エリツィン・ロシア連邦初代大統領の来日について


平成15年3月26日

  1. ボリス・ニコライヴィッチ・エリツィン・ロシア連邦初代大統領は家族(ナイナ夫人、次女タチヤーナ)等とともに、3月31日(火)から4月6日(日)まで来日する。

  2. エリツィン元大統領は、滞在中、小泉純一郎総理への表敬および橋本龍太郎元総理との間で懇談を行うほか、4月2日から6日には家族とともに鹿児島県において静養する予定である。

    (参考)エリツィン・ロシア連邦初代大統領来日日程

      3月31日(月)深夜      羽田空港着(特別機)
      4月1日(火)      都内視察
    橋本元総理との懇談
      4月2日(水) 午後      羽田空港発鹿児島空港着(特別機)
    指宿市にて静養
      4月6日(日)      鹿児島空港発帰国(特別機)

・ 各国・地域情勢(ロシア連邦)


ラフモノフ・タジキスタン大統領の来日について


平成15年3月14日

  1. エモマリ・ラフモノフ・タジキスタン大統領は、3月17日(月)から3月19日(水)までわが国政府の招待により来日する。

  2. ラフモノフ大統領は、滞在中、第3回世界水フォーラムに参加するほか、小泉純一郎総理大臣との会談を行う予定である。

  3. ラフモノフ大統領の来日は、2001年5月以来2回目であり、今回の来日を通じわが国とタジキスタン共和国との間の友好関係が一層深まるものと期待される。


(参考)
  1. 現在タジキスタンは国際アラル海汚染救済基金の議長国として活動しており、今年8月にはタジキスタンにおいて国連との共催で「国際淡水年フォーラム」を開催する予定となっている。なお、国連は2003年を「国際淡水年」に指定したが、これはラフモノフ大統領の提唱によるものである。

  2. ラフモノフ大統領来日日程

3月17日(月) 関西空港着
3月18日(火) 水フォーラム行事参加(アジア・デーにおける基調講演)
京都駅発東京駅着
首脳会談
東京駅発京都駅着
3月19日(水) 橋本元総理との会談
関西空港発

・ 水フォーラム/アジア・デーにおける基調講演(骨子)
・ 概要
・ 日程
・ 各国・地域情勢(タジキスタン共和国)
・ 略 歴


モハエ・ボツワナ共和国大統領の来日について


平成15年3月12日

  1. フェスタス・ホォンテバーニェ・モハエ・ボツワナ共和国大統領閣下および令夫人は、3月16日(日)から20日(木)まで、わが国政府の招待により来日する。

  2. モハエ大統領は、滞在中、天皇皇后両陛下と御会見するほか小泉純一郎総理大臣と首脳会談を行う予定である。

  3. また、モハエ大統領は17日に京都で開催される「第3回世界水フォーラム」の「アフリカの日」に出席し、スピーチを行うとほか、18日には国連大学(東京)において講演を行う予定である。

  4. モハエ大統領の今回の訪日により、わが国とボツワナ共和国との親善関係が一層深まることが期待される。

・ 各国・地域情勢(ボツワナ共和国)


パシ・ブルガリア外務大臣の来日について


平成15年3月7日

  1. ソロモン・パシ・ブルガリア外務大臣は、3月11日(火)から16日(日)まで、外務省賓客として来日する。

  2. パシ外務大臣は、滞在中、皇太子同妃両殿下との御接見を予定されているほか、川口順子外務大臣との会談等、わが国要人との間で二国間関係、国際情勢等につき意見交換を行う予定。

  3. 今回のパシ外務大臣の訪日により、日・ブルガリア両国の友好関係が一層発展することが期待される。

・ 日本国とブルガリア共和国の新たなパートナーシップに関する共同発表
・ 日 程
・ 各国・地域情勢(ブルガリア共和国)




カレンダー(3月) / 目次



外務省案内 渡航関連情報 各国・地域情勢 外交政策 ODA
会談・訪問 報道・広報 キッズ外務省 資料・公開情報 各種手続き
外務省