総理大臣

東京・ソウルフォーラム関係者一行による野田総理表敬

平成24年7月13日

  • (写真)大韓民国の李洪九(イ・ホング)元国務総理と握手する野田総理
    (写真提供:内閣広報室)
  • (写真)「東京・ソウルフォーラム」関係者の表敬を受ける野田総理
    (写真提供:内閣広報室)

 本13日(金曜日)午後5時30分から約20分間,野田佳彦内閣総理大臣は,李洪九(イ・ホング)元国務総理をはじめとする東京・ソウルフォーラム関係者一行の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 野田総理から,東京・ソウルフォーラムにおいて日韓両国の政界,財界,学界で活躍されている方々が,両国の安全保障や経済分野等での協力をテーマに議論を行うことは有意義である,また,日韓両国が未来志向で重層的な関係を構築すべく協力していくことが重要である旨述べました。東京・ソウルフォーラム関係者からは,地域・世界の情勢が複雑な中,隣人同士である日韓両国の協力が益々重要になっている,フォーラムでは,日韓両国が,各分野で進むべき方向性について意味のある意見交換を行いたい旨発言がありました。

  2. その他,双方は,北朝鮮問題,日韓の経済協力等につき意見交換を行いました。

(参考)東京・ソウルフォーラム
 日本の(財)世界平和研究所と韓国の「国際問題ソウル・フォーラム」が共催し,日韓の有識者による意思疎通のため2010年から東京とソウルで交互に開催。


このページのトップへ戻る
野田総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る