総理大臣

菅総理のベトナム公式訪問(概要)

平成22年10月31日

  • (写真)マイン共産党書記長を表敬する菅総理
    (写真提供:内閣広報室)
  • (写真)日ベトナム首脳会談の様子
    (写真提供:内閣広報室)
  • (写真)国家的英雄慰霊碑を参拝する菅総理
    (写真提供:内閣広報室)


 菅直人総理は、ベトナム・ハノイにおけるASEAN関連首脳会議出席に続き、10月30日及び31日ベトナムを公式訪問した。
 公式訪問においては、グエン・タン・ズン越首相と首脳会談を行ったほか、マイン越共産党書記長及びチェット越国家主席との会見を行うとともに、ヴィエット越日友好議連会長主催夕食会や歓迎式典・ホーチミン廟参拝・ズン首相主催午餐会などの一連の行事に出席した。

 日越首脳会談では二国間の対話の強化、具体的経済協力案件の実施、文化・青少年交流の強化等について一致を見ることが出来、首脳会談終了後、両首脳は「アジアにおける平和と繁栄のための戦略的パートナーシップを包括的に推進するための日越共同声明」に署名し、共同発表を行った。会談・共同声明でベトナム側から原子力発電所第2サイトの建設及びレアアースの探査、探鉱、開発等のパートナーとして日本を選ぶ旨、表明があり、越側からこの決定は、政治的戦略的判断に基づくものであるとの説明があった。両国首脳は今回の合意は二国間関係に新たなページを開くものとの認識で一致し、両国の「戦略的パートナーシップ」の包括的推進を図ることができた。主な会談等の概要は以下のとおり。

1.ズン越首相との日越首脳会談(10月31日(日曜日)8時10分~9時45分)

(1)二国間関係全般

 両国の「戦略的パートナーシップ」を、経済、政治、安全保障、文化すべての面にわたって包括的に推進していくことで一致。毎年の首脳レベルの交流継続を確認。

 「日越協力委員会」(注1)の明年開催、本年12月の「日越戦略的パートナーシップ対話」(注2)の開催等について確認。

  1. 注1: 日越外相の議長の下で日越間のあらゆる分野における協力について協議する枠組み。
  2. 注2: 政治・安全保障等について協議する次官級の枠組み

(2)経済

 ズン首相より、越政府が第2サイトの原子力発電所の建設につき日本をパートナーとして選定したことを表明。また、ベトナムにおけるレアアースの探査、探鉱・開発について日本をパートナーとすることを決定した旨表明。さらに、日越原子力協定の実質的合意を歓迎し、早期の署名に向け取り組むことで一致。「日越共同イニシアティブ」の継続を確認。

(3)経済協力

 ズン首相より、南北高速道路、ホアラックハイテクパーク、南北高速鉄道等を始めとするベトナム経済開発に資する日本の支援に対する謝意を表明。菅総理より、ラックフェン港建設を始めとする5案件に対し約790億円の円借款の供与を表明。また、国際空港計画等の種々の計画について日本が支援を検討することを表明。

(4)文化・青少年交流

 文化・青少年交流の積極的実施で一致。

2.チェット国家主席との会見(10月30日(土曜日)16時45分~17時10分)

  1. (1) 菅総理より、横浜で開催されるAPECにチェット国家主席をお迎えすることを楽しみにしている旨述べ、横浜APEC首脳会談の成功に向けた協力を要請。また、今回のベトナム公式訪問により、両国間の「戦略的パートナーシップ」を包括的に深化させたいとした上で、首脳レベルを含めた頻繁な往来の必要性、高速道路、高速鉄道、上下水道等重要インフラ整備プロジェクトに対する日本側の協力意思に言及。
  2. (2) チェット国家主席からは、日本のODAに対する謝意、日本企業の投資拡大への期待感等が表明されるとともに、横浜APEC首脳会議成功に向けた協力について発言。

3.マイン越共産党書記長との会見(10月31日(日曜日)10時20分~10時40分)

 総理より、マイン書記長の令夫人の逝去(10月24日)に対する弔意を表明。日越両国の相互補完性は高いとの共通認識の下、今次日越首脳会談、共同声明を新たな大きな1ページとして長期的観点に立って、「戦略的パートナーシップ」を包括的に推進していくこと、党間交流を一層進めていくこと等で一致。

このページのトップへ戻る
菅総理大臣 会談・訪問 |  目次へ戻る