その他

岡田副総理とビナイ・フィリピン副大統領との会談(概要)

平成24年7月17日

 本17日(火曜日)午前10時30分から約40分間,岡田克也副総理は,来日中のジェジョマール・ビナイ・フィリピン副大統領(H.E. Jejomar C. BINAY, Vice President)と会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

  1. 岡田副総理から,ビナイ副大統領の来日を歓迎するとともに,昨年9月のアキノ大統領来日の際に両国関係を「戦略的パートナーシップ」と位置付けた意義は非常に大きく,両国関係を更に深めたい旨述べ,6月末のデル・ロサリオ外務大臣の来日などハイレベルでの意思疎通が緊密に行われていることを歓迎しました。これに対し,ビナイ副大統領からも,「戦略的パートナーシップ」の更なる促進は重要であり,ハイレベルの交流を引き続き実現していきたいとして,岡田副総理のフィリピン訪問を招請しました。

  2. 岡田副総理から,2008年12月の日・フィリピン経済連携協定(EPA)の発効以来,日・フィリピン間の貿易が順調に拡大しているものの,まだまだ量的・質的に拡大の余地が残っていることを指摘するとともに,若くて優秀な労働力及び大きなインフラ需要があるフィリピンと我が国とは経済面で相互補完関係にあり,ODAを積極的に活用して,人材育成やインフラ整備を支援していきたい旨述べました。これに対し,ビナイ副大統領から,日本は最大の貿易・投資相手国であり,また,最大のODA供与国であることに謝意を表しました。また,ビナイ副大統領から,フィリピン政府は汚職撲滅にも最善の努力を払っているほか,経済政策の予見可能性を高める努力をしている旨強調の上,今後は,エネルギー分野及び観光促進分野での日本企業投資に期待していると発言しました。これに対し,岡田副総理から,投資先としてのフィリピンの優位性をアピールすることの重要性などについて言及しました。続いて,看護師・介護福祉士候補者の受入れについて,ビナイ副大統領から,日本が現状の困難さを理解し,受入れ改善に努力していることに謝意が述べられ,岡田副総理から,候補者の円滑な受入れのため,今後も改善していきたい旨述べました。

  3. ビナイ副大統領から,フィリピン人海外労働者保護をアキノ大統領からの特命事項としていること,日本には日本人の配偶者を含む22万人のフィリピン人がいることについて言及がありました。岡田副総理から,日本商船で働く船員の70%がフィリピン人である旨述べたのに対し,ビナイ副大統領からは,フィリピン人の多くが商船に従事しており,ソマリア沖の海賊対策に係る自衛隊の活動に深い謝意が表明されました。

  4. その他,岡田副総理とビナイ副大統領は,地域情勢等についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
その他 会談・訪問 |  目次へ戻る