安倍総理大臣
クラーク国連開発計画(UNDP)総裁による安倍総理大臣表敬及びUNDP2014年人間開発報告書の国際公式発表の開催

平成26年7月24日

英語版 (English)

  • クラークUNDP総裁による安倍総理大臣表敬
    (写真提供:内閣広報室)
  • 国際公式発表での安倍総理大臣挨拶
    (写真提供:内閣広報室)

1 本24日午後2時から3時まで,国連大学において,日本政府共催で,UNDPが発刊する2014年人間開発報告書の国際公式発表が開催されました。また,国際公式発表に先立ち,安倍晋三内閣総理大臣はヘレン・クラークUNDP総裁(H.E. Miss Helen Clark, Administrator of the UNDP)による表敬を受けました。

2 クラーク総裁による安倍総理大臣表敬では,安倍総理大臣から,人間開発報告書公式発表への祝意を述べるとともに,防災,ポスト2015年開発アジェンダ策定,女性のエンパワーメント,人間の安全保障の推進などの重要課題においてUNDPと協力していきたい旨述べました。これに対しクラーク総裁は,国際公式発表への出席感謝の意を示すとともに,重要な開発課題について日本と緊密に協力したい旨述べました。

3 国際公式発表において,安倍総理大臣は,今回の報告書のテーマである強靱性の構築に向け,UNDPをはじめとする国際機関や国際社会と連携し,積極的に貢献していく旨の挨拶(PDF)PDFを行いました。クラーク総裁は,紛争や災害への脆弱を脱し強靱な社会を作るため,基礎社会サービスの提供等の政策が必要である旨の挨拶を行いました。挨拶に続き,クラーク総裁から安倍総理大臣へ人間開発報告書が手渡されました。また,マリクUNDP人間開発報告室長による2014年報告書の概要説明,田中明彦国際協力機構(JICA)理事長による同報告書へのコメントがなされました。

(参考1)人間開発報告書(Human Development Report:HDR)
 人間開発報告書は,国連開発計画(UNDP)が1990年より毎年刊行している刊行物。人間開発の観点から,各国の進捗を測る尺度として,「人間開発指数」を毎年算出し,国別順位を発表している。

(参考2)ヘレン・クラークUNDP総裁
 ニュージーランド自然保護大臣,住宅大臣,保健大臣,労働大臣,副首相を歴任後,1999年から2008年まで首相を務めた。2009年4月より現職。クラーク総裁は,国連において事務総長,副事務総長に次ぐ国連事務次長としてUNDPを率いる一方,国連開発グループの議長を兼任。

(参考3)国連開発計画(UNDP)
 UNDPは,国連システム最大の開発機関であり,高い専門的知識と豊富な経験,グローバルなネットワークを有し,ミレニアム開発目標達成やポスト2015年開発アジェンダ策定において主導的な役割を果たしている。UNDPは,第5回アフリカ開発会議を共催するなど,我が国の重要なパートナーである。ジェンダー平等,気候変動対策支援,人間の安全保障推進などの地球規模課題解決に向け,日本はUNDPと共に取り組んでいる。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る