ODAとは? ODAちょっといい話

第三話
阪神・淡路大震災、頑張りました、日本や世界のボランティア

その1

モンゴル副首相が特別機で


 1995年1月22日、夕刻せまる関西空港に、一機の大型旅客機が着陸した。
 降り立った人物は、モンゴル国プレブドルジ副首相である。
 日本とモンゴルの間には定期航空路はない。同副首相は特別機を仕立てて、5時間かけて日本にやってきた。
 同年1月17日に起こった未曾有の阪神大震災は、モンゴルでも重大ニュースとして報道され、大きなショックを全国民に与えた。その中にプレブドルジ副首相もいたのである。
 国家非常事態管理担当相を兼務する同副首相にとっては、この大震災はひとごとではなかった。
モンゴル政府は21日朝、臨時閣議を開き、救援物資を送ることを決めたが、ただ送るということではなく、一刻も早く届けようとしたのだ。毛布2100枚、手袋500組その他を直ちに政府特別機に積み込み、同副首相は国民を代表して見舞いにやってきてくれた。
 1月の気温が氷点下50度近くになるこの国の人々にとっては、寒さに震える日本の被災者の気持ちがよく分かったのであろう。・・・・日本とモンゴルの間の友好関係は長い歴史がある。モンゴル国は、以前はモンゴル人民共和国と称し、長きにわたりソビエト連邦の衛星国の一つとして、ソ連共産党の指導下に入っていたが、その時代でさえ、モンゴルは日本に極めて好意的な国家として、経済交流面、文化交流面などで緊密な間柄を保っていた。そのことにソ連政府が不快感を示しても、モンゴル政府は、“血の繋がりは、共産主義の教義よりも強し”としてこれを無視してきたのである・・・・。
 ソ連崩壊後、自由主義国家を目指し、市場経済への道を歩み始めたモンゴルに対し、日本は同国にとっての最大の援助国として全面的に支援してきており、同国は日本の長きにわたる援助を多とし、感謝の気持ちを込めて救援に駆けつけてくれたのであろう。
 関西空港で出迎えた外務省幹部が感謝の意を表明するとともに、長旅を労って、休息していただこうとしたが、“長居をしてご迷惑を掛けたくない”と、僅か90分だけの日本滞在で機上の人となった。
 日本では“困った時の友が真の友”と云うが、モンゴルにも“困難に直面する時こそ、友人の価値が分かる”と云う諺があるという。小さな国からの大きな贈り物であった。


その2

スラム街からの贈り物



 阪神淡路大震災の際、日本全土から救援に駆けつけた一般市民や学生、企業人などの総数は、延べ130万人に達したと云われている。
 日本ではボランティアは育たない、日本人はボランティア活動には関心がない、などと云われてきたが、実際には多くの人々が被災者の救援に大活躍したのである。
 さらに、義援金も各地から送られてきたが、その額は約2000億円に達し、これまでの災害での最多の金額であったそうである。
 ところで、この大震災の際、本来海外で救援活動を使命としていた日本のボランティア団体(NGO)が急遽現地に駆けつけ、長年蓄積したノウハウを生かして迅速な救助活動を行い、大きな成果を挙げ、感謝された。
 これらのNGOの中に、アジアの途上国のスラム地区で長年に亘り、子供達への識字教育、男性達への技術指導、女性達への裁縫技術指導を行ってきている団体があった。
 そして、この大震災が起こってまもなく、その団体宛に、スラム地区の住民達から一通の手紙と義援金が送られてきた。
 “私達はこれまで日本のボランテイアの皆さんから親身の援助を受けてきた。今度の大震災のニュースを聞いて、いても立ってもいられず、これまでの恩返しの気持ちから住民みんなで募金活動をした。一人当り5円~10円相当の募金をしてくれて、その総額は100万円を超えた。
 この金額は日本人にとっては小さなものかもしれないが、これまでの厚情へのお礼を込めて、我々住民すべての気持ちであるので、お見舞金として被災者の方々にお渡ししたい”と。



その3

アフリカの研修生からも心を込めて



 日本には現在、政府あるいは自治体の招聘する研修生や留学生が多数学んでいる。
 技術を習得し、友人を作り、良き思い出を持って帰国していただきたいものである。
 さて、阪神淡路大震災の際、世界各国から救援物資や義援金が送られてきたが、その中に日本で学び帰国した元研修生からのものもあった。
 アフリカのK国から来日し、10カ月の技術研修を終えて、帰国したAさんが滞日中の思い出に浸っていた矢先に、飛び込んできたのが阪神大震災のニュースであった。ショックな悲しいニュースであった。
 Aさんは、滞日中に訪れたことのある神戸の夜景を思い浮かべ、研修中お世話になった日本の友人達を気遣いながら、早速手紙を書き、10ドル紙幣を義援金として同封し、在K国の日本大使館に送付した。Aさんにとって10ドルは月給の半分にあたる大金であるが、実りある研修時代に親身になって世話をしてくれた日本の人々への感謝を込めて日本の被災者のために送ってくれたのである。
 アフリカばかりでなく、中南米からも、アジアの国々からも、同様の義援金が送られてきた。いずれもその人の月給あるいはそれに近い多額な義援金であった。多くの研修生の方々が良い思い出を持って帰国されたのだと知り、心温まる気持ちになるのである。

このページのトップへ戻る
前のページへ戻る次のページへ進む目次へ戻る