経済外交

インフラ海外展開の推進

平成28年6月24日

 外務省は,日本経済再生のための経済外交の推進のため, 日本企業支援の一環としてインフラ・システム輸出の支援に取り組んでいます。

1 「インフラ海外展開推進室」の設置

 外務省においてインフラ海外展開に関連する情報や知見を一元的に集約する体制を整備するため,平成22年10月5日,経済局内に「インフラ海外展開推進室」を設置しました。

 インフラ海外展開推進室は,インフラ海外展開に関する情報の一元的集約や,関係省庁への共有,内閣官房に設置されている「経協インフラ戦略会議」をはじめ関連する会合に関する業務等を行っています。

2 インフラプロジェクト専門官

 在外公館の体制強化を図ることを目的として,大使館及び総領事館に「インフラプロジェクト専門官」を指名しています(平成25年11月現在:50ヶ国58公館127名)。(インフラプロジェクト専門官の置かれている公館については上記「インフラプロジェクト専門官」をクリックして下さい。)

 「インフラプロジェクト専門官」は,各在外公館においてインフラプロジェクトに関する情報を収集・集約すると共に,関係機関や商工会等との連絡・調整に際して窓口となる等,インフラ海外展開の支援を担当します。

このページのトップへ戻る
経済外交へ戻る