• Home
  • APECとは?
  • 日本APECについて
  • 会議・会合
  • 開催地情報
  • APEC TV
  • 取材情報
  • リンク
  • Home
  • 会議・会合
  • APEC貿易担当大臣会合 多角的貿易体制の支持と保護主義の抑止に関する閣僚声明(仮訳)

会議・会合

APEC貿易担当大臣会合 多角的貿易体制の支持と保護主義の抑止に関する閣僚声明(仮訳)

我々APEC貿易担当大臣は,札幌での第16回会合に集い,多角的貿易体制に対する強いコミットメントと,WTOドーハ開発アジェンダ(DDA)交渉を可能な限り早期に成功裡に妥結に導く,との揺るぎない決意を表明する。

【ドーハ開発アジェンダの推進】

  1. 多角的貿易体制の強化は,経済成長,発展及び安定の源泉である。我々は,貿易政策の更なる改革と自由化が,経済回復をより確実なものにするとの認識の下,DDA交渉を,モダリティに関するものを含むこれまでの進展の上に,マンデートと整合的に,野心的でバランスのとれた形で,早期に妥結することを目指す,との決意を再確認した。
  2. 我々は,DDA交渉の現状を率直に評価し,現下の交渉の停滞を深く憂慮する。我々は,交渉進展のために,合意可能な利害のバランスを見いだすための試みを加速し,あらゆるレベルにおいて最終的な決断に向けての政治的関与を強めていく必要がある,との認識を共有した。
  3. 我々は,ジュネーブにおける各交渉グループのプロセスを支持するとともに,ジュネーブ駐在の大使及び高級事務レベルに新たに権限を与え,必要に応じ我々閣僚自身が関与することを含め,あらゆる適切なフォーラムと形態により活発に交渉を行うことで,DDA交渉を前進させる。我々は,交渉の最終局面に向けた道筋を得るべく,水平的議論に取り組む。最終合意案は,すべての分野において意味ある新たな貿易機会が創出されるとともに,貿易上の歪みが実質的に削減される場合にのみコンセンサスを得ることになる。
  4. 各エコノミーは,DDA交渉の妥結内容に向けて相応の貢献をおこなう。APECエコノミーは,開かれた貿易によって大きく裨益する立場にあり,APEC域内はもとより,域外のエコノミーとも,連帯責任の下,DDA交渉の妥結に向けた主導的役割を果たしていく。我々は,首脳に対し横浜において進捗を報告する。
  5. 我々は,DDA交渉の早期妥結が,全てのWTO加盟国,とりわけ途上加盟国に利益をもたらすことを再確認する。我々は,多角的貿易体制が持続的な発展に貢献する上で,「貿易のための援助」と貿易金融が重要であることを認める。

【保護主義の抑止】

  1. 幾つかの指標は,世界経済が回復に向かっていることを示しているが,失業率の高止まりは,保護主義的措置を求める政治的圧力を高める可能性がある。我々は,貿易及び投資の自由化と円滑化が雇用の維持と創出の鍵であることを認識するとともに,引き続き,あらゆる形態の保護主義を排し,開かれた市場を維持し,今次経済危機下に導入された貿易歪曲的な措置を撤廃するよう取り組む。我々は,2008年にAPEC首脳がコミットしたスタンドスティル(現状維持)に関するコミットメントを更に1年(2011年まで)延長するとともに,要すれば更に延長する用意のあることに合意する。我々は,引き続き,WTOに整合的と考えられるとしても重大な保護主義的影響を及ぼす措置の導入を最大限抑制するとともに,そのような措置が実施された場合には速やかに是正する。我々は,今後も,保護主義のあらゆる兆候への警戒を怠らない。
  2. 我々は,WTOによる監視機能がこれまで効果的に機能してきていることを認識し,APECに対して関連情報が適切に提供されていることを評価する。我々は,この情報提供の継続を求め,エコノミーが引き続き透明性を確保するよう慫慂する。自由で開かれた市場を維持するとの約束に従い,我々は,WTO,ABACその他関連機関からの協力を得てAPEC事務局が作成する報告に基づき,APECエコノミーによりとられた貿易・投資に影響のある措置について,定期的なレビューを継続する。

ページの先頭へ

  • 中村勘三郎に聞く「APECと21世紀の和」 Special Interview
  • ぐっさんと知ろう!そこでもここでもAPEC
  • APEC TV 教えてAPEC!
  • 浦田教授と木佐さんと4つのテーマで考える 仕事に役立つAPEC!
  • 根本美緒レポート APEC初!女性企業家サミットに密着
  • 「APECに期待すること」21人のビデオレター