• Home
  • APECとは?
  • 日本APECについて
  • 会議・会合
  • 開催地情報
  • APEC TV
  • 取材情報
  • リンク

会議・会合

APECビジネス諮問委員会との対話

平成22年11月13日

  1. 11月13日(土曜日)午後4時20分頃から約1時間15分間、APEC首脳とAPECビジネス諮問委員会(ABAC)との対話が開催されました。日本からは、菅総理がAPEC議長として冒頭挨拶を行い、対話に参加した他、相原元八郎・三井物産株式会社顧問がABAC議長として、渡辺喜宏・株式会社三菱東京UFJ銀行顧問及び森本泰生・株式会社東芝顧問がABAC日本委員として参加しました。
  2. 菅総理大臣は、同対話において、主に環太平洋パートナーシップ(TPP)交渉等について、APEC各国・地域の首脳及びABAC委員と意見交換を行ったところ、概要以下のとおり。
  1. (1)日本のTPP参加は自由貿易に向けた力強いメッセージとなる、日本のTPP参加に向けた動きを大きく支持するとして、複数のABAC委員より、TPPに関する日本政府の方針について質問がありました。
  2. (2)これに対して、菅総理より、9日に「包括的経済連携に関する基本方針」を閣議決定した旨説明。APEC地域における自由貿易、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)を進めていくためには様々な道筋があるとの考えを示した上で、その道筋のひとつとしてのTPPについては、情報収集を進める必要があり、既に交渉への参加を表明している9カ国との協議を開始したい旨述べました。同時に、2国間でのEPA/FTAも進めていく旨述べ、交渉に進展がみられない国とのEPA/FTAについても加速化したい、また、EUや韓国等とのEPA/FTAについても進めていきたい旨述べました。

ページの先頭へ

  • 中村勘三郎に聞く「APECと21世紀の和」 Special Interview
  • ぐっさんと知ろう!そこでもここでもAPEC
  • APEC TV 教えてAPEC!
  • 浦田教授と木佐さんと4つのテーマで考える 仕事に役立つAPEC!
  • 根本美緒レポート APEC初!女性企業家サミットに密着
  • 「APECに期待すること」21人のビデオレター