日本の安全保障政策

 

平成28年4月6日

日本を取り巻く安全保障環境と課題

 パワーバランスの急激な変化、テロやサイバーなど新たな脅威の出現、厳しいアジア太平洋地域の安全保障環境など、日本を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しています。また、脅威は容易に国境を越えていきます。

アジア太平洋地域

  • 核兵器国を含む大規模な軍事力を持つ国家等が集中する一方、安全保障面の地域協力枠組みは十分に制度化されていない。
  • 北朝鮮による核・ミサイル開発の継続や挑発行為。
  • 中国による透明性を欠いた軍事力の強化、海空域における活動の活発化。

© Imaginechina/ 時事通信フォト

© 朝鮮通信=時事

グローバル

  • パワーバランスの変化及び技術革新の急速な進展。
  • 大量破壊兵器等の拡散、国際テロや海洋、宇宙、サイバー空間におけるリスクなど国境を越える脅威の出現。
  • 貧困、開発課題などの「人間の安全保障」に関する問題やグローバル経済のリスクの拡大。
このページのトップへ戻る
日本の安全保障政策へ戻る