セルビア共和国

日・セルビア首脳会談

平成30年1月15日

英語版 (English)

 1月15日(月曜日)15時50分(現地時間。日本時間15日(月曜日)23時50分)から約60分間,セルビアを訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,アレクサンダル・ブチッチ・セルビア大統領(H.E. Mr. Aleksandar Vučić, President of the Republic of Serbia)と日・セルビア首脳会談を行いました。概要は以下のとおりです。

  • 画像1
    握手する両首脳
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    日・セルビア首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    日・セルビア首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

1 二国間関係全般

(1)安倍総理から,両国の関係は着実に進展しており,対セルビア初の円借款である「ニコラ・テスラ火力発電所排煙脱硫装置建設計画」の進捗を歓迎する旨述べました。また,昨年派遣したJETROミッションの成果についても述べたほか,青年海外協力隊の派遣取極に関する書簡の署名を歓迎しました。

(2)これに対し,ブチッチ大統領から,セルビアは外国投資に対する様々な優遇措置を用意している他,様々な国々とFTAを結んでおり,大市場へのアクセスが良いとの利点があることから日本企業のセルビア進出を歓迎したい,これを機に日本との経済関係を更に発展させたい旨述べました。

2 日本と西バルカン地域の協力

 安倍総理から,日本と西バルカン地域全体の協力を発展させるため「西バルカン協力イニシアティブ」の下,この地域全体への協力を更に推進したい旨述べ,具体的には,(1)西バルカン担当大使を新設し,対話を強化,(2)新規の経済協力案件を発掘するためのJICA調査団の派遣,(3)地域協力のためのセミナーの開催を提案しました。これに対し,ブチッチ大統領からは,同「イニシアティブ」を歓迎する旨の発言がありました。

3 セルビアのEU加盟プロセス

 安倍総理からは,セルビアのEU加盟プロセスの着実な進展を歓迎する,日本は引き続きセルビアの改革努力を支援していく旨述べたのに対し,ブチッチ大統領からはEU加盟に関する日本からの支援に対して謝意の表明がありました。

4 コソボ

(1)安倍総理から,EU支援の下でセルビアが実施するコソボとの対話を支持する,セルビア・コソボ間の関係正常化の実現に向けて建設的な役割を果たすことを期待する旨述べました。

(2)これに対して,同席したダチッチ第一副首相兼外相から,コソボ問題に関するセルビアの立場について説明があり,西バルカンの平和と安定に向けて努力する旨発言がありました。

5 北朝鮮

 安倍総理より,北朝鮮は,今やベオグラードまで射程に入れ得る弾道ミサイルを発射するなど,欧州全体にとっての脅威である,北朝鮮を始めとする国際社会の諸課題に対し,共に連携したい旨述べました。
 両首脳は,あらゆる手段により圧力を最大限まで高め,北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を示した上で対話を求めてくる状況を作る必要があることで一致しました。拉致問題については,安倍総理から早期解決に向けた理解と協力を求めました。

6 その他

 両首脳は,様々な国際場裏における協力やロシア中国等の国際情勢についても意見交換を行いました。

  • 画像1
    共同記者発表
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    共同記者発表
    (写真提供:内閣広報室)

このページのトップへ戻る
セルビア共和国へ戻る