「V4+日本」対話・協力

「V4+日本」政策対話開催に際してのV4各国政務局長等による
堀井学外務大臣政務官表敬

平成30年3月23日

  1. 3月23日(金曜日),東京において,日本とヴィシェグラード4か国(V4:ポーランド,ハンガリー,スロバキア,チェコ)による第9回「V4+日本」政策対話が開催され,その一環として,V4各国政務局長等による堀井学外務大臣政務官への表敬が行われました。
  2. 堀井学政務官から,経済成長著しく,EU内での発言力・影響力を増すV4との関係を一層深化させていきたい旨述べました。また,法の支配など基本的価値を共有する我が国とV4との間で,安全保障等の国際問題につき共に一致して声を上げていくべきとの見解を述べました。
  3. V4各国政務局長等からは,日本が欧州においてV4との協力を重視していることに対し感謝の意が述べられ,引き続き安全保障,経済,科学技術等の幅広い分野で日本とV4との連携を強化していきたい旨発言がありました。
  4. さらに,堀井政務官から,北朝鮮情勢について,北朝鮮の非核化に向けた圧力の維持と拉致問題の早期解決に向け,引き続きV4各国の理解と協力を求めました。

このページのトップへ戻る
「V4+日本」対話・協力へ戻る