欧州(NIS諸国を含む)

世界地図 アジア | 北米 | 中南米 | 欧州(NIS諸国を含む) | 大洋州 | 中東 | アフリカ

岡田外務大臣のカリモフ・ウズベキスタン大統領表敬(概要)

平成22年8月8日

  • (写真)カリモフ・ウズベキスタン大統領と握手する岡田外務大臣

 8日(日曜日)午後0時15分(現地時間)から約1時間30分間,「中央アジア+日本」対話第3回外相会合出席のためにウズベキスタン・タシケントを訪問中の岡田外務大臣は,オクサロイ宮殿においてカリモフ・ウズベキスタン大統領を表敬しました。

  1. 日・ウズベキスタン関係
    1. (1) カリモフ大統領から,両国関係は極めて良好であり,日本はウズベキスタンにとって,強い信頼関係で結ばれた戦略的パートナーであると述べたのに対し,岡田大臣から,引き続き両国の信頼関係を高めていくことが重要である旨述べました。
    2. (2) カリモフ大統領から,経済分野においても両国の政府間及び企業間関係は非常に緊密であり,二国間経済関係は順調に進展していると述べたのに対し,岡田大臣から,これまでの良好な二国間経済関係を,今後,さらに深めていきたい旨述べました。
    3. (3) カリモフ大統領から,「タリマルジャン火力発電所増設計画」への円借款供与の決定等,これまでの日本の多大な支援に対し深甚なる感謝の意が述べられました。
    4. (4) カリモフ大統領から,来年予定される同大統領の訪日を機会として,二国間関係を更に強化していきたい旨述べたのに対し,岡田大臣から,大統領訪日が両国間関係の推進につながるようノロフ外相とも協力しつつ十分に準備を行っていきたい旨述べました。
  2. 「中央アジア+日本」対話
     カリモフ大統領から,世界の東西を結ぶ戦略的に重要な地域に位置し,非常に豊かな天然資源を有する中央アジアにおいて,日本が推進する「中央アジア+日本」対話の枠組みは極めて有益である旨述べたのに対し,岡田大臣から,今次外相会合のホスト国であるウズベキスタンの尽力に対する感謝の意とともに,今後 も同会合を定期的に開催していきたい旨述べました。
  3. アフガニスタン情勢
     カリモフ大統領から,アフガニスタン問題は軍事的手段のみによっては解決できず,国民による和解の達成と雇用拡大を通じた安定の確保が重要であると述べたのに対し,岡田大臣からこの認識に対する賛意が表されました。
  4. 国連安保理改革
     カリモフ大統領から,日本はこれまで国連における諸活動,特に,環境問題や途上国支援等の分野で多大な貢献をしてきており,ウズベキスタンは93年の国連加盟以来,常に日本の安保理常任理事国入りを支持している,今後もその方針は変わらないと述べたのに対し,岡田大臣から,大統領からの力強いお言葉に感謝する,引き続き支持をお願いしたい旨述べました。
  5. その他,岡田大臣は,カリモフ大統領との間で,キルギス情勢等の地域情勢についても意見交換を行いました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る