中南米

イベロアメリカ・サミット(Cumbre Iberoamericana)

平成28年7月11日

1 概要

 イベロアメリカ・サミットは,1991年に創設された,欧州及び中南米のスペイン語・ポルトガル語圏諸国22か国(イベロアメリカ諸国)から構成される首脳会合の枠組み。イベロアメリカ諸国の歴史・文化的相似性に基づき,対話,協力及び連携を通じて加盟国間の結束・発展の促進,域内における民主主義,経済・社会的発展,教育・文化の普及を目的とした,加盟国首脳による対話の場。事務局はマドリードに所在。

2 加盟国とオブザーバー国一覧

加盟国(22か国)

 欧 州:アンドラ,ポルトガル,スペイン
 中南米:アルゼンチン,ボリビア,ブラジル,コロンビア,コスタリカ,キューバ,チリ,ドミニカ(共),エクアドル,エルサルバドル,グアテマラ,ホンジュラス,メキシコ,ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ペルー,ウルグアイ,ベネズエラ
 

オブザーバー(8か国と16の国際機関)

 日本,ベルギー,フランス,ハイチ,イタリア,モロッコ,オランダ,フィリピン
 国連食糧農業機関(FAO),国連開発計画(UNDP),経済協力開発機構(OECD),米州開発銀行(IDB),ラテンアメリカ統合連合(ALADI),ラテンアメリカ社会科学研究所(FLACSO)等

3 我が国とイベロアメリカ・サミットとの関係

日本は,2013年10月に開催された第23回イベロアメリカ・サミット(於:パナマ・シティ)においてオブザーバー国として承認された。

このページのトップへ戻る
中南米へ戻る