外務大臣

河野太郎外務大臣略歴

平成29年8月3日

英語版 (English)

  • (写真)河野太郎外務大臣

河野 太郎(こうの たろう)

自由民主党
衆議院議員 神奈川県第15区選出(当選7回)

年月日 略歴
昭和38年1月10日 生まれ
昭和60年12月 米国ジョージタウン大学卒業
昭和61年2月 富士ゼロックス株式会社入社
平成5年1月 日本端子株式会社入社
平成8年10月 第41回衆議院総選挙にて神奈川第15区で初当選
平成12年6月 第42回衆議院総選挙にて神奈川第15区で二回目の当選
平成14年1月 総務大臣政務官に就任(第1次小泉内閣)
平成15年11月 第43回衆議院総選挙にて神奈川第15区で三回目の当選
平成16年10月 第九代自民党神奈川県連会長に就任
平成17年9月 第44回衆議院総選挙にて神奈川第15区で四回目の当選
平成17年11月 法務副大臣に就任(第3次小泉改造内閣)
平成20年9月 衆議院外務委員長就任
平成21年8月 第45回衆議院総選挙にて神奈川第15区で五回目の当選
平成24年12月 第46回衆議院総選挙にて神奈川第15区で六回目の当選
平成26年12月 第47回衆議院総選挙にて神奈川第15区で七回目の当選
平成27年10月 国務大臣 国家公安委員会委員長
行政改革担当
国家公務員制度担当
内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全 規制改革 防災)
(第3次安倍改造内閣)
平成29年8月 外務大臣(第3次安倍第3次改造内閣)
趣味:
読書、サッカー観戦
主な著書:
共謀者たち 政治家と新聞記者を繋ぐ暗黒回廊
「超日本」宣言 わが政権構想
原発と日本はこうなる 南に南に向かうべきか、そこに住み続けるべきか
「原子力ムラ」を超えて-ポスト福島のエネルギー政策
変われない組織は亡びる
私が自民党を立て直す
決断 河野父子の生体肝移植
河野太郎の国会攻略本
このページのトップへ戻る
外務大臣へ戻る