外務本省

橋本外務副大臣のアルジェリア訪問(概要)

平成21年6月26日
  • (写真)

    外相との会談

  • (写真)

    次官主催昼食会


 6月22日(月曜日)、橋本聖子外務副大臣は、アルジェリアを訪問したところ、その概要以下のとおりです。

1.メデルチ外務大臣との会談

(1)全般

 メデルチ大臣より、橋本副大臣の来訪を心より歓迎する旨述べるとともに、今後とも、二国間関係において、また、国際関係やアフリカ開発において、積極的に協力していきたい旨発言しました。
 これに対し、橋本副大臣より、地中海、中東、アフリカにおいて大きな影響力を持つアルジェリアとの協力関係を一層強化するよう努めたい旨発言しました。

(2)経済関係

 橋本副大臣より、先般我が国企業がアルジェリアで大型事業を受注したことに言及するとともに、我が国とアルジェリアとの経済関係が深まっていることは喜ばしく、各事業が円滑に操業を続け、両国の経済関係が一層促進されるよう、引き続き協力していきたい旨述べました。
 これに対し、メデルチ大臣より、我が国企業との関係では、エネルギー資源分野に限らず、様々な分野での協力、投資による持続的な活動を望んでいる旨述べ、我が国企業がアルジェリアに会社を設立していることを高く評価している旨発言しました。

2.ブゲラ外務次官主催昼食会

 ブゲラ次官より、橋本副大臣の来訪を歓迎するとともに、様々な分野での協力関係の増進を望む旨スピーチがありました。
 これに対し、橋本副大臣より、協力関係強化は望むところであり、とりわけ経済分野において、投資の環境整備等につき協議していきたい旨のスピーチを行いました。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る