外務本省

伴野外務副大臣のシンガポール訪問(概要)

平成23年4月25日

  • 基調講演
  • 掛け軸の贈呈

 伴野豊外務副大臣は,4月25日,日・シンガポール・シンポジウム出席のためシンガポールを訪問したところ,概要は以下のとおりです。

1 日・シンガポール・シンポジウム出席

 25日午前,日・シンガポール・シンポジウム(注)に出席し,「震災後の日本とその地域外交」と題する基調講演(日本語英語)を行いました。同講演で,伴野副大臣は,東日本大震災に際するシンガポールからのお見舞いと支援に謝意を表しつつ,震災後の日本の現状について説明し,震災後の日本の地域外交の展望について述べました。

(注)日・シンガポール・シンポジウム
 両国の政府関係者,経済関係者,学者,ジャーナリスト等が両国共通の問題・関心事項につき幅広く意見交換を行う場として,1995年の第1回からこれまでにシンガポールと東京とで交互に7回開催されてきている。

2 ザイヌル外務担当上級国務大臣との会談

 上記1のシンポジウムに先立ち,シンガポール側の基調講演者でもあるザイヌル外務担当上級国務大臣と会談しました。ザイヌル上級国務大臣から改めて震災についてお見舞いとお悔やみが述べられたのに対し,伴野副大臣からシンガポールの支援に謝意を表し,また日・シンガポール間の「絆」を確認し,今回の震災の経験を将来に生かしていくことで双方が一致しました。さらに,ザイヌル上級国務大臣から,「絆」と書かれた掛け軸を贈呈されました。

3 シンシア・プア日・シンガポール友好議員連盟会長との懇談

 プア議員から震災についてお見舞いとお悔やみが述べられたのに対し,伴野副大臣からシンガポールの支援に謝意を表し,日本の現状と今後の見通しについて説明しました。

4 ストレーツ・タイムズ紙によるインタビュー

 シンガポールの最有力紙であるストレーツ・タイムズ紙のインタビューに応じ,震災に際するシンガポールからのお見舞いと支援に謝意を表しつつ,原発事故への対応を含めた日本の現状と今後の見通しについて説明しました。


このページのトップへ戻る
伴野副大臣 訪問・会談記録 |  目次へ戻る