安倍総理大臣

安倍総理とアボット豪首相との電話会談

平成26年7月25日

英語版 (English)

1 7月25日午後1時過ぎ(日本時間),トニー・アボット豪首相から政府専用機搭乗中の安倍総理に電話があり,日豪首脳電話会談が行われました。

2 アボット首相から,マレーシア航空機撃墜事故に関し,豪政府が参加する墜落現場での調査の模様につき説明があり,人道目的で行われる現地での活動には武装勢力の協力が必要であること,今後ともしっかりとした調査が行われるよう,日本側から支持を得たいとの発言がありました。

3 安倍総理からは,多くの豪国民の犠牲者が出たことに改めて弔意を表しました。そして,日本は真相究明を最大限重視していること,武装勢力によるアクセス妨害や残骸等の持ち去りは事故調査を阻害しており大きな懸念を有していることを説明し,現地での調査に関する豪政府の取組に十分な理解を示しました。そして,「私も日本国民も,トニーや豪国民とともにある」と述べました。

4 アボット首相からは,豪国民が困難な状況にある中での安倍総理からのお見舞いのメッセージは,真の友情の表れであるとして,感謝の意が表明されました。

5 両者は,引き続き緊密に意思疎通していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
安倍総理大臣へ戻る